カテゴリー別アーカイブ: 雑記

小学6年生の娘の話

6年生の娘に好きな人が出来ました。

いつもはそういう話を私にはあまりしないのですが、今回は本気なのか、「好きな人がいて、バレンタインにチョコを渡したい」と話してくれたんです。

そろそろ親には隠しごとをしたり、邪魔くさがったりする年齢かなと思っていたのに素直に打ち明けてくれたことがとても嬉しかったです。

さらに、当日、娘同様私までドキドキしていたのですが、結果が良かったみたいなんです。

最初は口を隠して「結果は言えない」」と言うので、振られたかなと思ったのに、なぜかニヤニヤしていたんです。

探ると、チョコを渡す前に向こうから告白されたとのことでした。その結果を聞いてもとても嬉しい気持ちになりました。

さらに、その後の二人の様子がわからなかったので、娘の友達に「どうなの?」と尋ねると、どの友達も娘も「仲はいいんだけど、発展しない」という内容を気さくに話してくれました。

娘に起こった出来事ももちろん嬉しいですが、そのことを親である私にイロイロ教えてくれる関係でいられてるという事がとても嬉しいです。

今後の二人の様子がまだまだ気になるのですが、探りすぎず、見守りながら、話してくれることを待ってみようと思っています。

 

節約生活を頑張っています

二年ほど前から、節約生活をして頑張っています。我が家は一年前に注文住宅でマイホームを建てました。これから住宅ローンの返済もあるので、これからどんどん繰り上げ返済もしていきたいなぁと思っています。あとは、うちには子どもが二人いるのでこれから養育費もかかってきますよね。養育費を貯めるためにも、節約をしないといけないなぁと思いました。

子どもを出産してから仕事は辞めてしまったので、今は旦那のお給料だけでやりくりをしています。子どもが大きくなるまでは私は専業主婦でやっていくので、節約しないとなぁと更に思うようになりました。無駄な出費を減らしていけば、コツコツとお金も貯まっていくかなぁと思いました。

家計簿を書いて無駄なものは買わないようにしたり、食費でも値引きシールの貼られているものを買ったり、特売日を狙って買ったりもしています。そのように毎日コツコツとやっていけば、少しずつお金も貯まっていくと思います。

 

上棟式での戦争。

家を建てるときに執り行われる上棟式ってありますよね。
でも今ではする所としない所とあるそうなんです。
確かに、上棟式も結構な金額を使うでしょうから、どうせなら
そのお金を新居のためにつかう人も増えているということでしょうか。

実は最近、上棟式に行ってきました。
たまたま近所で上棟式があるということを耳にしたもので
久しぶりだったので子供を連れて行ってみたんですよね。

上棟式でのお金、もち、お菓子が投げられたのですが、
その投げられたものを拾おうと、上棟式に来ていた人が拾うのですが、
それはもうすごい人数と勢いで大人も子供も関係ありません。
小さい子供とぶつかり、子供が倒れてもお構いなしという感じで
大人も拾っていたのです。

いくらなんでも、子供に拾わせればいいのに、なぜに大人がこうまでも
ムキになって拾っているのかと、怒りがこみ上げてきました。

大人げないというか、なんというか呆れにも似た感情が出てきました。。

結局わたしもですが、ほとんど拾うことなく帰宅しました。
行ったのはよかったものの、大人っていったいなんなんだろうという感情が消えなかったです。

人の振り見て我が振り・・・ですね。

 

英語学習ブログがうまくいかない。

実は最近、英語の学習ブログを作りました。

作ったはいいけれど、自分で見直しても面白くないので、アクセス数はあがりません。ブログを作ることに力を注ぎすぎて勉強できていない、そんなことになりそうなので、ブログは方向転換しないといけないと思いました。

ブログを続けるべきか、というか続けないといけないものではありません。でも自分が書いたものについての反応もみたい・・、という気持ちがなぜかあって、こういう気持ちは自分でも不思議です。

この”ブログやりたい”という欲は不思議なものです。私の場合、うまくいけばお金になるとか考えてしまうのだけど(うまくいってないけど)、そうでない人も多く、無欲で文才がある人達のブログがたくさん作られる今、そういう人達のモチベーションとは・・?と思ってしまいます。

私は欲があるから、かえってうまくいかないのかもしれません。誰かの目にふれるので、もうちょっとまともなブログを作りたい、英語学習のブログを続けるとしたら、自分の学習メモみたいなものになるので、人が見てもやっぱり面白くないだろうと思います。

 

考える事を停止してしまった人達。

私はよくいろいろな方からメールをいただく機会が多いので、メール形式で様々な会話をかわしているのですが、そんな中で思ったのが考える事を停止してしまっていつも極限状態で危険な言動を繰り返す人が多いという点です。

彼らは自分の欲望を満たすためにありとあらゆる暴力を駆使して、ただ自分の我儘のためだけにいかに人から搾取していくかといった事しか考えられないみたいで、その手段もかなりリスクが高く、長いスパンで見たら継続不可能なのに、それ以外は自分が豊かになれる方法がないと思い込んでいるのです。

私は彼らが危険な行動に出ないために、ここ3年程毎日数時間も費やしては他に最適な方法がないかとプレゼンテーションしてあげたり、暴力的な言動から起こりうる近未来のリスクについて一から十まで説明しています。

どうしてこのような状況が起きるのかと考えていた所、彼らは何でも思い通りになるといった我儘な環境で育ってしまった、もしくは短絡的で破壊的な暴力を投じるといった手段以外に考える能力がない思考回路が出来上がっているという2点です。

どちらにしても自分だけでなく周りの人達、世界の人達にとって長いスパンでメリットの高い方法があるという事をわかりやすく説明していく作業はかなり大変ですが、一人でも実りある生涯を送ってもらうためにはこういったボランティアも大事かなと思いました。

無限にある可能性、それは夢を叶えるための最適な手段を選んでいく事なのだから、もう少ししっかり物事を考えられる人になって欲しいです。

 

中華料理と私の体重。

好きな食べ物は?と言われたら、私はまず中華料理が浮かびます。
というか、好きなものがだいたい中華料理にあるようなものばかりなので一番と言われると困りますね。

昨日酢豚だったのが、今日はエビチリ、明日はチンジャオロースー、という感じで日替わりで変わっていくような感じなのですから。

しかし、そんな私に今ピンチが訪れています。体重です。

健康診断で量った体重をみてみると、なんとなんと、軽く適正体重の5キロはオーバーしちゃっているのです。マズいです。

なんとか適正体重ギリギリくらいまでは、戻したいんですけど、そのためには中華料理三昧をやめろ、と言われました…ええ、とってもショックです。

大好きな中華料理を食べられないなんて、死ぬほどショックです。
しかし、さすがにこれ以上太って肥満、高血圧、糖尿病ってコースには行きたくありません。

なので、中華料理の中でもカロリー少なめのやつだったり、代替品を使って食べることにしました。体重が戻ったら、中華料理三昧、これを目標に頑張ってます。

 

布団を干すことができました。

やはり布団を干すと眠るのが気持ちいいなあと思ってしまいます。
曇りや雨が続くと、布団を干す機会が無くなるのですが、
最近は晴れ模様が続いているので布団を干せて嬉しいです。

布団を干していると、いい香りがするのですが
これは布団についているダニが死んだ香りなのだそうです。

自分は最近までそれを知らなかったのですが、
例えダニの死骸の香りであってもいい匂いに感じられてしまいます。

新品の布団であっても良い香りがするので、
ダニの死骸の香りだけでなく、羽毛の香りもあるのではと思います。
布団を干した夜は眠るのが楽しみで堪らなくなってしまいます。

特に自分は眠るのが大好きであり、
布団の柔らかさや手触りも大好きなので布団を干す、
というのは生活においてとても重要な事となっています。

自分は部屋の中の窓際にて布団を干すことが多いのですが、
部屋の中に布団を干すことによって、雨が降っても慌てなくて良い、というメリットがあります。

 

娘は大の薬嫌い。

5歳の娘は大の薬嫌いです。
だから病気になるとすごく大変です。
少しくらいの風邪なら薬を飲まなくても寝かせて
温かくしていたらよくなるのですが、今回はインフルエンザになりました。

熱冷ましは座薬があるのでなんとかなりましたが、どうしても
抗生剤を飲ませたいので娘とのやりとりが大変でした。
娘も飲まないといけないとわかっているけれど、苦いということで
断固拒否でした。

もう少し小さかったら無理やりでも口に入れますが、
五歳なので納得しないと飲み込みません。
ペッと吐き出すか、おえっと本当に吐いてしまいます。
飲む、飲まないという話し合いがえんえんと続き、私は覚悟していましたが夫がついにキレました。
あまりに頑固な娘に我慢ができなかったようです。

でも夫のほうが子供っぽい感じがしました。

娘はパパにがつんと怒られても、飲まないということを主張しました。
これはこれですごいと思いました。私も疲れてしまって
結局薬を水でといて、娘が飲むものに少しずつ入れました。
味噌汁と、スープはバレなかったけど、コーヒー牛乳はバレてしまいました。

こういうことは信頼関係に響きそうだからしたくないんですけどね。
でも早く治って欲しいです。

 

拾ってきた猫。

半年ほど前に、ボロボロになって死にかけていた子猫を拾いました。
あばらが浮き出すほどに痩せ、全身にノミがビッシリとたかり、
目は結膜炎でほとんど開かず風邪を引いたのか鼻水をずるずると垂らす子猫。

歩きすぎたせいか全ての肉球から血を流して
それはそれは悲惨な状態で、保護したところで一晩持たないかも…
と思ったのですが、予想に反してそれからぐんぐん回復し
今ではとても優雅な家猫へと変貌しました。

心配していた猫エイズや白血病も陰性で、寄生虫の駆除も行い
清潔で綺麗な子になったと思っていたのですが
先日、下あごの部分が真っ黒なままなのを発見しました。

黒いつぶつぶは拾った直後に全身にあったノミの糞でしょうか。
試しに濡れたティッシュで拭うとあっさりふき取れます。

口の下なので自分で舐めて綺麗にすることもできず
ずっと拾われてきた時のままになっていたようです。

私が母猫なら早速舐めてあげるのですが、さすがにそれは無理。
嫌がるので毎日少しずつ拭いてあげています。

ママがいたら舐めてもらえるのにね…と思ったら、
捨てられてボロボロになっていた日のことを思い出して少し切なくなりました。

 

アボカドアレルギー。

毎日食べても飽きないくらい、アボカドが大好きでした。

美容やアンチエイジングにいいと聞いてからは
これ幸いと本当に毎日のように食べていました。

生のままスライスして、わさび醤油でお刺身のように食べたり
皮ごと縦に二つに切って、種をくりぬいた穴に醤油マヨネーズを詰めてオーブンで焼いたり
さいの目に切って納豆に混ぜたり
工夫次第で食べ方も無限に広がり、そのどれもが美味しいという
奇跡のような食材だと思っていました。

ある日、いつものようにわさび醤油で食べた後
口の中に違和感があることに気がつきました。
なんかピリピリと痛いのです。

その時はすぐにおさまったのですが
翌日もアボカドを食べた後は何か口が痛いのです。

この痛みは口腔アレルギーの痛みと同じだ、と気がつき
もしかして…と調べてみた結果、
アボカドアレルギーの存在を知りました。

食べ過ぎてアレルギーを発症してしまったようです。

それ以来、アボカドは本当にごくたまにしか食べていません。
いくら好きでも毎日はまずかったかなあ…と反省しきりです。