息子から貰ったとっておきの贈り物

私には息子がいるのですが、その息子から今までいろいろな贈り物を貰いました。

例えば近所の公園で拾ってきたどんぐりや学校の授業で描いた私の似顔絵などどれも母親の私にとっては心のこもった贈り物です。

そんな中で今までで一番心に残った贈り物があります。それは子どもが幼稚園の時に私の誕生日の贈り物として作ってくれた「なんでもお手伝い券」というものです。五枚ほどその券を誕生日のプレゼントとして貰ったのですが、まだ字もちゃんと覚えていなかったため、鏡文字になったり濁点が足りなかったりして思わず顔がほころんだものです。

ただせっかく貰ったお手伝い券ですが、すぐにはもったいないので使うことが出来ず、しばらくは大事に仕舞っておきました。そして数日後に食器洗いを手伝ってもらうために使ってみました。その時何度でも使えるのか聞いてみたのですが、残念なことに一枚につき一度きりでした。

結局すべてを使うことは出来ずに、それから数年経った今でも私の宝物となっています。

 

孤独をおそれない姿勢。

だいぶ前の話なんですが、「いつまでもバカなことばっかり言ってられないのよねえ」と後輩に言ったら、「何でですか」と真顔で聞かれたことがありました。

年齢が高くなるとそれなりに責任ある地位に就くわけですし、そうなるとやはり下のものをまとめないといけない、と思っての言葉でしたが、うーん、でも考えてみたらどうでもいいことかもしれませんよね。

現にいつまでたってもアホなことばっかりゆうてる軽やかな方もいらっしゃるし、結局のところは自意識の問題なのかもしれないですし、そこのところ、年齢の離れた友人はどうしてできにくいか、というところとも若干絡んできそうな気もします。

そういえば昔、「栄ちゃんと呼ばれたい」と最後に言った総理大臣がいましたよね。

上の人間からすれば、親しみをもたれたい、仲良くしたい、という欲求は意外に大きいものがあります。

でも下の人間からすればそうは言われても恐れ多いし煙ったい。
まかり間違ってもこちらから「飲み行きましょうよ」とは言えないです。

以前役員室にいたとき、役員さん達を見ていて、地位が上がるというのは友達なくすってことかもしれないなーと思ってたことを今日ふとテレビを見ていて思い出しました。

それでもサラリーマン社会、のし上がっていった人達は、結局のところ「孤独をおそれない」という姿勢をどこかで持っていたような気がします。

 

香水って選ぶのが難しい!

香水って選ぶのが難しいアイテムだなと感じています。
家の中で自分だけが香りを楽しむのなら、どんな香りをつけていても良いけれど、外出する時につけるものは、他人からどう思われるか気になります。

個性がある香りを選ぶと、不快に感じる人が多くなってしまいますよね。
クセが強い香りは、好きな人にとってはたまらなく良い香りに思えるけれど、
苦手な人にとっては拷問に近いくらい苦痛になってしまいます。

以前の職場に、濃厚な甘さが特徴の、クセが強い香水をつけていた人がいました。

香りの残りも強くて、その人が通った場所がすぐにわかるほどでした。
正直、私は苦手な香りでした。頭が痛くなってしまうんですよね。
失礼ながら密室には一緒にいたくないなー、と思っていました。

とはいえ、逆に万人ウケが良い香りを選ぶと他の人とかぶってしまうことが多くなってしまいます。
悪いことではないけれど、一緒の香水をつけているのが分かると、何となく気まずい思いをしてしまいますよね。

万人に受け入れられる香りで、あまり流行っていない銘柄ってどこにあるのでしょうか?