方向音痴につける薬。

私は物心のついた頃から極度の方向音痴を自覚していて、
知らない街や土地勘のない場所ではもちろん、おそらく
普通の人ならば迷うことなどありえないような場所でも、
迷子になってしまいます。

例えば、飲みに行った居酒屋さんのトイレから
もといた席に戻るときや、住み慣れた地元でも、
少し入り組んだ道に入ってしまったりすると
迷ってしまって、「あれ?どっちから来たんだっけ?
そして、私はどっちに行けばいいんだっけ?」と、
さながら迷子の子どものようにさまよってしまうのです。

居酒屋で迷ったときなどは、一緒にいた友人たちに
大いに笑われてしまいました。自分でも、自分の
方向音痴ぶりが情けなく思えると同時に、可笑しく
思えることすらあるほどです。

最近では、迷ったときにはその街を歩き回り、
知らない場所を散策して、面白そうなお店を見つけたり、
道の傍らに咲く花を見て目の保養をしたりと、
開き直って方向音痴を楽しんでいる私です。

方向音痴につける薬はないけれど、方向音痴を
楽しむ方法は、見つけることができました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>