拾ってきた猫。

半年ほど前に、ボロボロになって死にかけていた子猫を拾いました。
あばらが浮き出すほどに痩せ、全身にノミがビッシリとたかり、
目は結膜炎でほとんど開かず風邪を引いたのか鼻水をずるずると垂らす子猫。

歩きすぎたせいか全ての肉球から血を流して
それはそれは悲惨な状態で、保護したところで一晩持たないかも…
と思ったのですが、予想に反してそれからぐんぐん回復し
今ではとても優雅な家猫へと変貌しました。

心配していた猫エイズや白血病も陰性で、寄生虫の駆除も行い
清潔で綺麗な子になったと思っていたのですが
先日、下あごの部分が真っ黒なままなのを発見しました。

黒いつぶつぶは拾った直後に全身にあったノミの糞でしょうか。
試しに濡れたティッシュで拭うとあっさりふき取れます。

口の下なので自分で舐めて綺麗にすることもできず
ずっと拾われてきた時のままになっていたようです。

私が母猫なら早速舐めてあげるのですが、さすがにそれは無理。
嫌がるので毎日少しずつ拭いてあげています。

ママがいたら舐めてもらえるのにね…と思ったら、
捨てられてボロボロになっていた日のことを思い出して少し切なくなりました。